2018若草山焼き体験ブログ・鹿せんべい飛ばし大会も体験・ランチはミシュランの「ラ・テラス」で

今年も行って来ました。若草山焼き。今年も一泊二日でお泊りです。
今年はどんなスケジュールにするか?
山焼きと花火だけならほんの30分ですが、それじゃあもったいない。
せっかく行くんだから、めい一杯楽しみたいですよね。
今年は、昨年行かなかった鹿せんべい飛ばし大会もスケジュールに入れてみました。

スポンサーリンク

鹿せんべい飛ばし大会

鹿せんべい飛ばし大会は、若草山で12時から開催されています。

この時間に合わせて自宅を出発しました。マイカーで奈良公園方面に向かいます。

途中の駐車場案内の電光掲示板を見るとまだどこも空いています。

私はこの日高畑でお宿を予約していたので、そちらの駐車場に向かいました。

この辺りの駐車場もまだ空いていました。

この日は記録的寒波襲来だったので、人出が少ないのか?

そう思える程空いていました。

お天気は晴天ですが、やはり風は冷たく気温は2〜3度です。

車を停めて若草山に向かいます。

ここから若草山まで歩いて15分程ですが、坂道なのでまあまあしんどいです。

ハフハフしながら鹿せんべい飛ばし大会会場に到着しました。

到着時刻は12時半くらいでしたが、もうすでに行列が出来ていました。

若草山が広いので人はガラガラのように見えますが、30人程は並んでいました。

参加料300円を支払い紙製のサンバイザーとチケットをもらい、列に並びます。

ロープで扇状に区切られたエリアに鹿せんべいを飛ばします。

20メートル、30メートル越えで商品がもらえる様で優勝は鹿の角のトロフィーです。

飛んで来た鹿せんべいを見ると、でかいwwwww( ゚Д゚)

通常の鹿せんべいは、有馬温泉の炭酸せんべい位の大きさですが、これは、風月堂のゴーフル位の大きさです。

通常の鹿せんべいの大きさだと飛ばすのは厳しいですもんね。

順番待ちで前の人の飛ばしてるのを見ると1人で数回飛ばしてる人がいました。

ここで一際目立つコスプレの人がいました。

このくっそ寒い中、北京原人のような格好です。やるね〜

この人も数回投げていました。

どうやら常連さんも多いようで、常連さんは、数回投げている人が多いようです。

並ぶ事20分。ようやく私の番に。

えいっと投げましたが、20メートルに届かず残念。

来年は私も3回にしようと思います。

ラ・テラス

13時にランチを予約していたので、慌ててレストランに向かいます。

ここから5分程の所にあるレストラン「ラ・テラス」に向かいました。

ここは、若草山の前にあるレストランでウェディングもやってるお洒落なフレンチです。

ミシュラン星付きのフレンチレストランですが、登山ウェアの小汚い恰好で行ってきました。寒いので恰好なんて気にしてられません。

一応事前にドレスコードがあるか聞いていますので、ご心配なく( ˘ω˘ )

ラテラスでのランチも見てみる?

KKRみかさ荘

美味しいランチをゆっくり頂いた所で、今日のお宿に向かいます。

この日は友人も合流するので、一旦お宿へ。

友人は、1時間程かけて奈良に来たので、とりあえずお茶でもしようと、近くの喫茶に行く事にしました。

ケーキを食べたいという事なので空気ケーキに行きましたが、あいにく満席で外にまだお客さんが並んでいます。諦めて別のお店に行きました。

お宿周辺には、一軒家の喫茶が多数あります。

KKRみかさ荘も見てみる?

若草山へ

5時には若草山に行きました。丁度消防団の出発式が始まっていました。こちらは昨年見たので、今年は省略です。

今年もスープなどの飲み物があり、お弁当も売っていました。

山焼きイベントスケジュールも見てみる?

特設舞台の近くにスクリーンがあり、昨年はそこで見ていましたが、今年は神事を近くで見ようと思い、神社の近くで待機しました。

この辺りは本格的なカメラを持った人が多数いました。

鹿のフンが多い若草山なので、ビニールシートを持って来ましたがすごく傾斜してて座りにくかったです。

日が暮れ出した頃聖火行列が、若草山入り口に到着しました。

続々と人が集まってきてますが、まだそんなに混んでるように見えません。

今年は寒波の為すごく寒いので人出も少ないのか?

いよいよ聖火行列がやってきました。

若草山脇の水谷神社に到着した頃には、一気に日が暮れ、辺りは真っ暗です。

神事は30分程で、終わる頃には、若草山は人だかりになっていました。

あれ?去年より多いかも?

スポンサーリンク

花火はいいネ

やっぱりここで見る花火は迫力あります。冬は特に空気が澄んでいるので、夏の花火より綺麗です。

それから盆地で上がる花火は音が響くので迫力があります。

ほんの15分程ですが、見応えがありますよ。

飛火野という所からお焚き上げをした火を僧侶達が、松明に火を移して、そして又いろいろ拝んでから山頂まで火を持っていきます。

暗闇の中お経と祝詞が響き渡り、その後音楽と共にバババ~ンと上がる花火のコラボは本当にあっぱれです。

元々は花火はなかったのですが、今は花火が主役になってしまいました( ;∀;)

花火が終わると、ラッパの合図と共に山焼きの点火です。

火は一気に広がって、ほぼ山火事です。今年は特に燃え具合がよかったです。

山焼きは近くより、離れた場所の方がより燃えて見えます。

燃える山を後にして、お宿に向かいます。やはりすごい人です。

後から山焼きの人出を調べてみました。去年2017年で18万人だったそうです。

2017年の山焼き体験ブログも見てみる?

帰りの駅はきっと凄い事になってるんだろうな~( ˘ω˘ )

スポンサーリンク

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください