【談山神社】インスタ映えする紅葉スポット!大化の改新の地、パワースポットはここだ

紅葉が有名な「談山神社」ですが、
紅葉以外に有名なのが「大化の改新」の地であることです。
二条城は有名なのに、古すぎるからか?
あまり話題にもなりませんね。
歴史的背景はビミョーでも紅葉には定評があります。
紅葉シーズンで気になるのは混み具合ですよね~
せっかく写真を撮りに来たのに、人ばかり写ってもね。

スポンサーリンク

ここ談山神社は関西の「日光」と呼ばれる事もあるそうで、ここの本殿は日光東照宮のお手本となったそうです。

駐車場やアクセス本殿までは

前のページで

談山神社と言えば十三重塔

談山神社を知らなくても、この写真は見た事ある人も多いのでは?

戦前のお札のデザインにも使われていたそうです。

この日は紅葉もそろそろ終わりか?紅葉の終盤です。

しかし充分綺麗でした。

見ごろは1週間から10日前だったとか。

今年は、少し早かったそうです。

白っぽく映っているのが桜の木で、春の桜も楽しみな所です。

ここは、本殿から出て階段を降りるところで撮影しました。

別の場所からも撮影しましたが、やはりここが一番よかったわ~

その他のアングルからの十三重塔はこんな感じ。

平日でしたが、それなりの人出です。しかしやはり奈良中南部。

アクセスが悪いせいで、この辺りの他の寺社もすごく混んでる事は少ないようです。

帰り道の奈良公園辺りは、平日ですが、混んでいました。

それでも京都よりはましかと・・・・・

西宝庫(重要文化財)

本殿から十三重塔に向かってすぐにあるのが、西宝庫です。

宝物は現在博物館に・・・とありました。という事は中身は空か?

権殿(重要文化財)

しかし奈良はどこに行っても、文化財の宝庫です。

まあ重要文化財と書かれているものの多い事。

恵まれているのか?ただ古いだけか???

比叡神社(重要文化財)

権殿の奥にある比叡神社。小ぶりのお社で、あと3つ程小さなお社がありました。

ここに大きなイチョウの大木がありました。

かなりの大木で、黄色に色づいていました。

談山(かたらい山)

ここが、中大兄皇子と中臣鎌足が「大化の改新」の談合を行ったとされる所です。

645年大化の改新と習ったはずですが、今は646年になってるらしいです。

645年はクーデターの起こった年だそうです。ふ~ん。

私的には、小野妹子が男性だった事のほうが驚き( ゚Д゚)でしたが・・・

よく勉強した人は小野妹子が男性だという事は当たり前らしく、最近では男装した女性だったとかも言われているそうで

ちなみに「子」繋がりの蘇我馬子も男性で・・・

も~どっちでもいいわ(-_-;)

古代の歴史は半分以上賢い人の想像ではないのか?

そんな年号を覚えさす必要があるのか???

中大兄皇子は後の天智天皇、中臣鎌足は後の藤原鎌足らしいですが、名前を変えられると更にややこしい。

その藤原鎌足の長男が、父親の供養の為に十三重の塔を建てたのがここ談山神社の始まりらしいですが、当時は「妙楽寺」というお寺だったそうです。

明治の神仏分離令により「談山神社」となり、藤原鎌足公を祀っています。

有名な豪族ですが、神様でもないと思うんですが・・・

それを言ったら菅原道真もそうか!?

とにかく、明治初期辺りまで、ここ談山神社は寺で、「天照大神」などの神様ではなく藤原鎌足を祀っているようです。

日本の宗教は奥深いなぁ~(´・ω・`)

徒歩約10分で、大化の改新談合の地に行けましたが、もうすでに階段をたくさん登ったので、階段を見ると拒否反応が・・・(;^ω^)

で、登りませんでした。

帰ってから「せっかくなので、やっぱり登ったらよかったわ~」といつもの事ながら反省。

しかし他の人も同じ気持ちだったのか?誰も歩いてなったなぁ~。

20分歩くと「御破裂山」と書いてあります。

変な名前なんで、これも少し調べてみると、

藤原鎌足の墓があり「国家に不祥事があると決まってこの山が鳴動する」と伝えられているそうです。

ふ~ん。じゃあず~っと揺れてるんや

談山神社のパワースポット

談山神社は、どうやら藤原鎌足の供養に建てた寺のようですが、その昔の権力者がこの地を選んだのには訳があるのかな~?

談山に行く階段の脇にひっそりと「パワースポット」の文字が。

立派なお社もありませんが、古代からお祀りされていた場所のようです。

きっとここだね!パワースポット

閼伽井屋(重要文化財)

パッと見て読めない字ですが、「あかいや」と読みます。

お水取りで有名な東大寺二月堂にもあります。

神社の神事に使うお水のあるところのようです。

総社拝殿(重要文化財)

こちらには「福録寿神」さまがいらっしゃいました。

内部を覗いて見ましたが、何か殺風景な感じで、無理やりここに置いたような・・・?

神ぴょう拝所(重要文化財)

こちらには、藤原鎌足公が中央に、脇に「秘仏」如意輪観音様がいらっしゃって、足腰に効くと書いてあったので、念入りにお参りしました。

総社本殿(重要文化財)

この建物が一番古っぽく感じたので案内板を見てみました。

説明を読んでもいったい何年建築なのかよくわからない??

祓戸社

西入山受付を出た所に「祓戸社」がありました。

受付の人に「あちらにお参りしてから戻ってもいいですか?」と尋ねてからお参りしました。

祓戸社(祓戸神社)はたいていの神社にあり、まずここで穢れを祓って、本殿にお参りするのが通常です。

ここには祓戸社がないのかなぁ~と思ってたら、こんな所にありました。

私が入口を間違ったのか?と思ってパンフレットをもう一度見てみましたが、私が入ったのが、正面入り口で、こちらは西入山口になっていました。

大人の事情で入口が変わったのか?

ここは、まだ新しい建物だったので、後から作ったのか?

摂社 東殿(重要文化財)

これも最近の流行り「恋愛系」

きっと若者向きに始めたんだろうなぁ~と冷めた目で見てしまいます。

でも興味のある方は、お参りの仕方も丁寧に説明してくれてますよ!

むすびの岩座

なでると願いが叶うという岩座です。

なでてお祈りしてから、おみくじかお守りを買うとより良いと書いてありました。

う~んなかなか商売上手です。

三天稲荷神社

東殿の奥にふと見ると、そう立派ではない鳥居がありました。

すぐそばに案内板があり、読んでみると「ここより徒歩5分」と書いてありました。

鳥居の向こうは、薄暗く細い山道があります。怖いもの見たさに行ってみました。

私以外誰も歩いてません。「本当に大丈夫か?」と少々不安でしたが、この細い道を先へ進みました。

すると正面に休憩所のような建物が見えました。「えっ?ここ?」

おそるおそる入ってみると、中に3つのお社がありました。

この休憩所の建物も何か壊れかけです。本殿辺りとはちょっと落差がありました。

どうしてこんなポツンとあるのか?不思議に思ったので帰ってから調べてみると、

明治の初期には「三天稲荷社」は、十三重塔の背後にあったそうです。

菅原道真が祀られていて、藤原氏を祟る三天社という事で端っこに追いやられたようです。

う~ん。大人の事情(-_-;)

龍珠の岩座

こちらも本殿と東殿の間にぽつんとありました。

パワーストーンです。

お陰様で綺麗な写真がいっぱい取れました。

綺麗な風景でブログ作った方が今風なんでしょうが、案内板を見ながらダメ出ししてるほうが楽しいので(;^ω^)

でも、紅葉はとっても綺麗でしたよ!

この後グリル紅葉で遅いランチを頂きました

スポンサーリンク

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です