【地酒】日本酒発祥地の奈良!見学出来る酒蔵の紹介・利き酒・お土産・奈良漬の試食も!

奈良は日本酒発祥地と言われています。有名なパワースポット大神神社には酒の神様が祀られていて、全国の酒造家の信仰の地となっています。正暦寺には「日本清酒発祥の地」といった石碑も建てられています。そんな奈良の酒蔵をご紹介します。

スポンサーリンク

奈良駅から近い酒造

豊澤酒造

明治元年創業。全国新酒鑑評会で通算12回の金賞を受賞する「大吟醸豊祝」がある。味には定評があり、奈良駅からもアクセスがいい場所です。近鉄・JR奈良駅よりバスで15分「上三橋停留所」徒歩5分。

見学期間 10:00~と13:30~の2回。
※4~10月半ば平日のみ・12.1月は見学不可
予約 要予約
料金 無料
特典 利き酒・お土産
住所 奈良県奈良市今市町405番地
0742-61-7636
http://www.nara-toyosawa.jp/

おすすめ銘柄は「大吟醸 豊祝」「純米吟醸 無上盃」

直営店も紹介!豊祝のブログはこちら

八木酒造

前身は江戸時代創業の「上横田屋」で明治に「八木酒造」となる。日本酒以外にも焼酎、みりん、リキュールなどもあり、特に梅酒は梅酒品評会で銅賞を受賞している。奈良駅からもアクセスがいい。JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス[市内循環]で10分。破石町停留所下車、徒歩3分

見学期間 9:00~17:00 土日休み※時間応談
予約 要予約
料金 無料
特典 利き酒
住所 奈良市高畑町915番地
0742-26-2300
http://sho-hei.cool.coocan.jp/

おすすめ銘柄は「純米 升平」「とろとろの梅酒」

スポンサーリンク

少し足を伸ばして行く酒蔵

倉本酒造

1871年創業の倉本酒造は、標高約500m、寒暖差の激しい大和高原にあります。自家田栽培米と大和高原の井戸水を使った地酒です。奈良市といっても山奥です。最寄り駅は近鉄大阪線 (榛原駅)下車、タクシーで約15分。又は、奈良交通バス 針インター行(吐山北口)下車、すぐ。バス便の本数は少ないので、時刻表は要チェックです。

見学期間 8:00~18:00  不定休
予約 要予約※1週間前までに。
料金 無料 (所要時間、約30分)
特典 利き酒
住所 奈良県奈良市都祁吐山町2501
0743-82-0008
kuramoto-shuzou@comet.ocn.ne.jp

おすすめ銘柄は「純米酒 奈良うるはし 金嶽」

梅の宿酒造

明治26年創業。葛城山系の伏流水を使った、柔らかくきめ細かな味が特徴で、全国的にも人気がある。最寄駅 近鉄新庄駅 (徒歩約15分)

見学期間 8:30~17:30の火・水・金・土※7~8月は土曜休み
予約 要予約 ※5日前までに
料金 ¥500
特典 利き酒
住所 奈良県葛城市東室27
0745-69-2121・0120-713-550
http://umenoyado.com/

おすすめ銘柄は「純米大吟醸 葛城」

稲田酒造

明治10年創業。冬場はしぼりたての試飲ができます。イベントもちょこちょこあるようです。全ての工程に約3年、国産素材100%、添加物不使用の奈良漬も販売。最寄駅はJR天理駅。

見学期間 9:00~18:00 無休
予約 要予約 ※2名より
料金 無料
特典 利き酒・奈良漬の試食
住所 天理市三島町379
0743-62-0040 ・0120-1710-54
http://inaten.com/

おすすめ銘柄は「黒松稲天」「ひやおろし純米酒」

長龍酒造

昭和39年日本初の瓶詰「吉野杉の樽酒」を販売。ビンテージ純米酒などの新しい日本酒などもある。全国新酒鑑評会 金賞受賞 通算10回。近鉄田原本線「箸尾駅」より徒歩約8分

見学期間 10:00~16:00 土日祝休み
予約 要予約・10名~
料金 無料
特典 利き酒・お土産
住所 奈良県北葛城郡広陵町南4
0745-56-2026

おすすめ銘柄は「吉野杉の樽酒」「稲の国の稲の酒」

スポンサーリンク

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です