おすすめ 観光 奈良県 日常

【奈良の天気】四季の紹介・気候に合った持ち物・観光前にチェックしよう!

奈良の気候の特徴は?暑い?寒い?

自然と文化遺産に恵まれた奈良は、爽やかな風が吹いている・・・そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実際はどうでしょうか?
観光で訪れた際、「服装を間違えた!」ってことはよくある話です。
思ってたより暑くてせっかくのお洒落が台無しになったり、寒すぎて観光どころじゃあなかった!なんて事になるとせっかくの休日も台無しですね。
そこで奈良の気候の特徴をすこしご紹介したいと思います。

img_1758

スポンサーリンク

奈良の夏

奈良は京都と同じく山に囲まれた盆地です。その為京都と同じく、蒸し暑い日が多いです。

梅雨明けから気温30度越えどころか、最近の地球温暖化のおかげで35度前後の高温の日が続くことも珍しくありません。

又澄んだ空気、広い土地にさえぎる建物も少ないので日中の日差しがきついです。

朝と日没後は都会と違ってさすがに気温は下がりますが、それでもやはり盆地なので空気がこもって、蒸し暑く感じる日も多いです。

奈良の夏はとにかく暑いです。気温のチェックも当然ですが、湿度もチェックしてお出かけ下さい。

奈良の冬

冬も盆地特有の気候で「底冷え」の言葉がピッタリ。体感はそこまで寒くなくても、足元・下半身が冷えます。

1日の中でも一番冷える時間が朝5~6時頃です。

朝寝坊な私でも寒さに目が覚める事もあります。

日没後の冷え込みはさほどではありません。徐々に気温が下がっていくといった感じでしょうか。

12月後半~2月頃、雪もたまに降りますが積もる事は少ないです。

ただしこれは奈良駅近辺、奈良北部で、南部は榛原など雪のよく降る所もあります。

 

スポンサーリンク

 

奈良観光におすすめの持ち物

奈良の気候をご紹介した所で、おすすめの持ち物もご紹介したいと思います。

春・夏・秋

桜が咲く春から、夏、秋(4月~10月上旬)までは日差しが強く紫外線対策及び日よけが必要です。

又、真夏は熱中症予防の水分補給にペットボトルや水筒、保冷剤など暑さ対策も必要です。

お土産用のキャリー付き保冷バッグなんかも重宝します。

ポイント

UVケア、帽子、日傘、サングラスなど紫外線や日差しを遮るもの

ペットボトルや水筒、保冷剤など熱中症対策グッズ

お土産用保冷バッグ

などが必需品です。

冬は寒さ対策ですが、12月末から2月末までは一番寒い時期ですので、しっかり防寒したほうがいいです。

3月半ばのお水取りが終わった頃に奈良の春がやってきます。

お天気の良い昼間は歩くとそこまで寒くないので、普通の防寒着で十分ですが、足元だけは冷えますのでご注意を。

ポイント

底冷えするので、上半身より下半身の冷え対策。

足元の冷え防止に靴下重ね履きやカイロが重宝します。

季節を問わず

奈良は1つ1つの観光地が広いのでスニーカーのような歩きやすい靴がおすすめです。

坂道、地道、砂利道が多いので、ヒールを履いてくると大変ですよ 🙂

又手提げバッグだと鹿に引っ張られたりしますので、リュックが便利です。

登山とまではいきませんが、ハイキングに行く恰好が一番です。

レストランもドレスコードがゆるい所が多いので、大抵のお店は大丈夫です。

又無駄にウロウロしないように、駅に着いたら観光案内所に立ち寄る事をおススメします。

奈良公園の観光案内所も見てみる?

奈良の観光案内所はどこにある?カフェやレンタサイクル手荷物預かりなどのサービスもある

旅行に出かけるのに現地の情報収集は大切ですよね。 お目当ての場所に行って、美味しいランチを食べて、ご当地土産を買う。 これが観光の楽しみです。 行き当たりばったりだとウロウロしただけで充実した時間を過 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-おすすめ 観光, 奈良県, 日常

Copyright© 1dayリア充 , 2021 All Rights Reserved.