奈良【古都の宿むさし野】旅館の口コミ!宿泊体験ブログ・若草山に近い宿

スポンサーリンク

若草山に近いむさし野

若草山入場口の真向かいにある古都の宿むさし野。
ここは、谷崎潤一郎、山岡鉄舟が奈良の常宿として利用した老舗旅館です。
この辺りはよく来る場所ですが、ここは利用したことがなかったので、瑠璃絵を見に行くのに1泊2日で訪れました。
旅行サイトで奈良県民限定ですが、クーポンがあり1万円分ゲットしたので、
クーポン利用でお得にお泊りしてきました。

奈良でもこの辺りはそんなに雪が降るわけでもありませんが、
今年は大寒波の影響でこの日の予報も雪。
車で行くのを予定変更して電車で向かいました。雪景色の奈良公園も楽しみです。

むさし野では結婚披露宴も!

最寄りのバス停は「春日大社前」です。

近鉄奈良駅から歩いて30分程なので歩ける距離ですが、坂道を歩くのもしんどいので、私はバスを利用しました。バス停からは歩いて5分程です。

バス停を降りると予報通りに雪が降ってきました。

これは雪景色も期待できそう(*^^)v

お宿に到着したら、丁度結婚式のお開きの場面に遭遇!

花嫁花婿さんが来賓をお見送りする準備をしているところでした。

脇にはご両親とみられる方とお坊さんが・・・

「ああ仏式なんだわ」と私が言うと、お宿の人が「東大寺で式を挙げられました」との説明してくれました。

ここなら東大寺も近いし春日大社も近いので、仏式でも神式でもどちらでも選べますね!

そういえば先日、春日大社でも白無垢のお嫁さんを見ました。最近はチャペルが多いですが、こういう形の結婚式もいいですね~(^^♪

お部屋は極上のお部屋だった

女将さんらしき人がお部屋に案内してくれました。「いいお部屋が空いてましたので」と二階のお部屋に案内されました。

お部屋に入ると「うわーっいいお部屋!」思わず口に出る程、ゆったりとした景色のいい、いいお部屋でした。

ラッキー(*^^)v

ちょうど若草山が見え、12畳程の和室に手前4畳ほどあり、雪見障子からも景色が見えます。

むさし野には、本館西トイレ付き・本館バストイレ付き・鹿鳴山荘と3タイプに分かれているようで、鹿鳴山荘が半露天風呂付などのお部屋があり、一番高級なようです。

私の泊まったお部屋は、本館西トイレ付きの「明日成(あすなろ)」というお部屋です。充分贅沢なお部屋です。

鹿鳴山荘には専用ラウンジがあるそうで、リージェンシークラブのようなものか?

次回はこちらに泊まりたいと思います。

女将さんからお部屋の説明などを聞いてから少し雑談。私がバスでここまで来るのに迷った話などをしました。

女将さんも他のお客さんからもよく聞くそうで、奈良の観光インフラの悪さの話で盛り上がりました。

女将さんによると、春日大社前からここの前の道路まで夕方5時までは通行許可がいるようで、車で来る場合は事前に申請しないといけないそうです。

なので車で来る人は事前にお宿に連絡したほうがよさそうです。

ウェルカムお抹茶

お部屋も暖かく、古い日本家屋の寒さは感じません。畳も新しいようでイグサのいい香りがしました。

加湿器もあり暖房でカラカラにならなくて済みそうです。ポットと冷水があり、お部屋のお風呂はヒノキ風呂でした。

設備は十分で困る事はなさそうです。

ウェルカムお抹茶もおいしく、少しお酒の匂いがするお菓子も美味しかったです。

お部屋で夕食

瑠璃絵に行くので、夕食の時間を6時に早めてもらいました。

瑠璃絵が9時終了と早いので、スケジュールが難しいです。

もう少し早めの夕食でもよかったわ。

それにしても早い店じまいの奈良のイベント(-_-;) もうちょっと何とかならんか~?

夕食はお部屋食です。

まず驚いたのは給仕して下さるスタッフの衣装です。袴姿です( ゚Д゚)

これはいい演出だと思いました。

それから最初のお料理にたんざくが乗っていました。小さな事ですが、「たんざくを外すとどうなってるんだろう?」と興味がわきます。

お料理ってこういう演出が大事だなあって改めて思いました。

食前酒はシソのシュワシュワしたあまりアルコールのきつくない飲み物でした。

たんざくを外しても期待を裏切らないお料理です。

仕事の細かいお料理と綺麗さに大満足です。しかしこの良さは外国人に解るのかな?

メインディッシュは石狩鍋なのかかす汁の鍋なのか?

白みそのかす汁のようなお出しですが、とてもなめらかでかす汁のようなザラザラ感がありません。

豆乳を使っているのかとてもまろやかなお味でした。主人はかす汁が嫌いなんですが、「とても美味しい」と喜んで食べていました。絶品です(^^)/

給仕してくれたお兄さんもおっとりとした口調で、終始対応してくれて、なんか癒されました。

お料理の説明もよく、タイミングのいい配膳といい文句なしです。

しいていえばお品書きがなかった事くらいです。

このままゆっくりしていたい気分でしたが、せっかく瑠璃絵を見に来たので、出かける事にしました。

出かける際、カイロと懐中電灯も持たせて頂きました。この辺もそつのない対応です。

戻ってきたのは、9時半頃です。瑠璃絵でお茶でもと思っていたのですが、これまた早い店じまい(-_-;)でお茶も飲まずに帰ってきました。

お宿にお願いしてコーヒーを頂きました。

少し一服したところで1階にある大浴場へ行きました。お部屋はお布団がしいてあり、テーブルにはお手紙とテルテル坊主が・・・(‘ω’)ノ

大浴場はそう大きくありません。洗い場5人程といった所です。

浴室も洗い場も綺麗でアメニティーも揃っていました。お花も生けてあり、こういうちょっとした気遣いもうれしいですね!

私一人でしたので、写真を撮らせてもらいました。

大浴場の他に家族風呂もあるようです。

奈良は残念ながら温泉があまりありません。

たぶん掘れば温泉が出てくるのでしょうが、温泉の前に遺跡なんかが出てしまいます。そ

ういう理由からか?この辺りに温泉はあまり見かけた事がありません。

温泉があれば観光材料にはもっとプラスなのに残念ですね~

むさし野の朝食

朝食もお部屋食でゆったり頂けました。

こちらも品数、量も十分でお腹いっぱいになりました。奈良名物茶粥もおいしかったです。

私は茶粥はそんなに食べたことないのですが、ここのは白米ではなく麦?なのか小さい粒でいい香りのほうじ茶でした。

最近奈良でちょこちょこお泊りしていますが、なかなか!いい所が沢山あります。

大仏商売だうまいものなしだと言われている奈良ですが、

「頑張ってるな~」と思えるお宿のほうが多いですよ。

お店やお宿より奈良市・奈良県がダメなんだと思います。

観光インフラはもうちょっと考えてもらわないとダメですね。

ここ「むさし野」はお料理接客共にいう事なし!

私的には5つ星のお宿でした。また行きたいと思います。

スポンサーリンク

この後鹿寄せを見に行きました

瑠璃絵の様子はこちら

スポンサーリンク

古都の宿むさし野 アクセス

〒630-8212 奈良市春日野町90番地
電話:(0742)22-2739

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です