ランチ 食事 スイーツ 京都府 宿泊施設

旅館・間人温泉【炭平】高級間人ガニを食す【体験ブログ】幻の蟹を求めて

幻の蟹 間人ガニ とは

まぼろしの蟹と言われる、最高級ブランド蟹「間人ガニ」。
今回お正月に一泊二日で間人がにを食べに行ってきたので、その様子をご紹介

 

間人ガニとは

間人と書いて「たいざ」と読みます。なぜ幻の蟹と呼ばれるのかご存じですか?

京都府の丹後半島の間人港で水揚げされたズワイガニを間人ガニと言います。

ズワイガニは水揚げする場所によって、松葉ガニや越前ガニと名前が変わるのはご存知の方も多いと思います。

間人漁港は小型の底引き網船が4隻だけの小さな漁港で、小型船だけなので天候が荒れた日には漁ができません。

特に、12月から2月は海が荒れる日が多く、漁ができない日が多いようです。

小型船の為、漁の出来る日が少ないので、水揚げ量が限られているんですね!

蟹の漁場に最も近い間人港の底引き網船は、常に近場の漁場で網を引く日帰り漁です。他の漁港は数日漁に出て、冷水機で保存しながら戻ってきます。

同じ冷水機を使っていても、何日も水槽に入れられているカニはエサを食べていないので、身が細っていきます。

間人のカニは水揚げしたばかりのカニなので、鮮度も良く、身が詰まっていておいしいのです。

ここで蟹の見分け方のポイントですが、丸い虫みたいなツブツブをカニヒルの卵だそうです。

カニヒルの卵の多いカニは、成長した=身のしっかり詰まったカニなので、美味しいそうです。※ただし事前に取ってある場合もあるようです。

間人ガニの解禁は11月です。

スポンサーリンク

間人温泉 炭平で幻の蟹を・・・

お正月に炭平で1泊2日で間人ガニを食べに行ってきました。

本当は31日に泊まりたかったんですが、あいにく満室で予約できませんでしたので、1日に泊まる事にしました。

ここは雪が多い場所でも有名なので、電車で行く事にしました。電車は1か月前から予約できたので、電話してみるともうすでに指定席が満席( ゚Д゚)

やはり年末年始は電車の確保も大変です。

すこしルートを変えてJRのコールセンターの方が組んで下さったので、何とか行き帰りとも指定席を確保できました。

「何時何分のタンゴリレー号に乗って○駅で乗り換えて・・・・・」とまるで「湯けむり殺人事件」みたいなマニアックなルートでした( ;∀;)

さすがJR

dsc_0123

やはり予想通りというか、予想以上のお天気で、外は吹雪いていました。電車にして正解っだったわ~

dsc_0139

お迎えのバスにて、炭平に到着!

con1
出典:炭平公式ページ

到着するとウェルカムティーとお菓子のサービスで迎えて頂きました。

dsc_0130

炭平 お部屋

お宿は明治元年創業とありましたが、どちらかというと老舗旅館というよりも モダンな造りです。

チェックインを済ませ、浴衣とアメニティーを選んでお部屋に(^^♪

お部屋は一番スタンダードのお部屋にしました。いわゆるリーズナブルなお部屋です。

マッサージチェアがあったのがうれしい(^_-)-☆

dsc_0131

ここのお宿にはこんないいお部屋もありましたが、満室で空いていませんでした
"(-""-)"

お正月はやっぱりだいぶ早めに予約したほうがよさそうです。

sec02_img01
出典:炭平公式ページ

炭平 お風呂

早速お風呂に!晴れた日はこんなに景色がいいそうですが、残念ながら私の行った日は大寒波襲来((+_+))、

吹雪で外の景色は真っ白でした。

sec01_img03_01

吹雪の中でしたが、せっかくなので、意を決して露天風呂へwwwww( ;∀;)

やはり寒かったわ~~

お風呂はそう大きくなくこじんまりしていましたよ。

sec01_img05_01
出典:炭平公式ページ

炭平 夕食

いよいよ 幻の蟹 とご対面(^^♪

この緑のタグです。憧れの間人ガニちゃん

dsc_0137

お料理はとにかく蟹づくしです。

仲居さんが、蟹みそを焼いたりお世話をしてくれました。

豪華ですとにかく豪華なカニ料理です。やはり鮮度がよく、おいしい蟹です。

dsc_0138

今回大蟹コースにしましたが、とにかくお腹いっぱいになります。

dsc_0136

メニューを見て他にも追加のお料理も頼もうかと思っていましたが、とても食べきれません。

これで十分です。

dsc_0135 dsc_0134

朝食

朝ごはんも和定食の他にサザエやらいろいろ焼き物がブッフェスタイルで頂けました。

いつも朝ごはんの写真を撮り忘れますが・・・( ;∀;)

とにかく朝からゴージャスです。

私が今まで泊まった中でも、最高級の朝ごはんでした。

炭平 コスパ

今回は1泊2日で1人55000円位でした。

ちょっと贅沢しましたよ。

間人ガニだけ買っても1キロ2~3万円が相場です。

お正月なのでやや料金アップなので、高額ですが、コスパは満足です。

お宿は肩を張った感じのないいいお宿でリラックスできました。

お料理もおいしく申し分なしです。

唯一残念だったのが、吹雪で露天風呂が寒かった事です。

まあこれは、天候なので仕方ないですね。

dsc_0127

いつもならここから、お土産を買いにうろうろする所ですが、歩くのもままならない状況でしたので、列車の時刻に遅刻してもと思いそそくさと帰る事にしました。

お土産は買えませんでしたが、この日が1月2日で、デパート初売りの日でした。

帰る途中の梅田駅でデパートの福袋を大量に買って帰りました。

スポンサーリンク

炭平 アクセス

北近畿タンゴ鉄道 網野駅よりシャトルバス
※シャトルバスは要予約です
所在地〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人3718
TEL(0772)75-0005
http://www.sumihei.com/

炭平はとてもいいお宿でしたが、奈良公園にもいいお宿があります。

奈良在住の私がおすすめするのは・・・

奈良【古都の宿むさし野】旅館の口コミ!宿泊体験ブログ・若草山に近い宿

スポンサーリンク

-ランチ 食事 スイーツ, 京都府, 宿泊施設

Copyright© 1dayリア充 , 2020 All Rights Reserved.