【節分万灯籠】に行ってきた【春日大社】キャンドルナイト体験ブログ

スポンサーリンク

節分万灯籠を体験

毎年2月3日節分の日に、3000基もある灯籠に灯りが灯ります。神様に浄火を献じてさまざまな願いごとを祈願する行事です。春日大社は約1300年前、平城京を守護するために創建されました。石灯籠には「春日社」と刻まれていますが、2,000基のうちの15基だけ「春日大明神」と刻まれた燈籠があり、それをひと晩で3基見つけるとお金持ちになれるという言い伝えがあるそうなので、あなたも探してみますか?ここは普段夜は真っ暗なので、懐中電灯がいりますよ(^^)

 

夕方、春日大社に到着

春日大社駐車場に到着したのは午後4時過ぎ。

ここの駐車場は春日大社に一番近く100台程ある大きな駐車場です。

駐車料金¥1000を支払って入場。

今日は9時まで開いていますが普段はもっと早く閉まりますので、閉門時間は要チェックです。閉門といっても帰りは出られるようですが。

ここはぐるっとバスの停留所もありました。

少し休憩で若草山に

小腹が空いたので、少し補給することに。駐車場から若草山入口まで歩いて5分程です。

この辺りには数件ですが、食事やお茶出来る所があります。鹿ものんびり歩いていますよ(^^♪

夕方でしたが、「ゆうすい」というお店できつねうどんを食べました。これが太る原因だわ( ;∀;)

ついでにお土産を買う

「ゆうすい」から歩いてすぐ、キッシュの専門店があります。

ここは有名なので、買って帰ろうと思ってましたが、ホームページでは3時までになっていました。

多分開いてないだろうと思いましたが、念のため行ってみることに・・

「やった~!開いてた」wwwwww( ゚Д゚)

もちろん買って帰りましたよ(;^ω^)

奉納神楽を見に行こう!

一旦駐車場に戻って荷物を置いて本殿に向いました。奉納神楽が本殿で行われているようなので、そちらを見る事に。

まだ辺りは明るかったですが、灯籠には火が灯っています。

本殿に向う途中には「ふるまい酒」も置いてありました。

本殿に到着

本殿に到着した時にはすごい人だかり!奉納神楽はとてもじゃないけど見れません。

見たい人は、早い目に行って陣取る必要があるようです。

参道を見ても続々と人が押し寄せます。春節になるので、中国人も多いようです。

本殿に入るのにすごい行列ができています。

参拝当日に献灯することもできるらしく(奉納3,000円)この為の行列なのか?

混雑しすぎで聞けませんでしたが(;^ω^)

節分万灯籠は迂回路を通って

通常は南門入ってすぐに本殿に入れるのですが、今日は特別で迂回路を通って別入口から入るようです。

暗いのと人混みでよくわからない(-_-;)夫婦大黒天に出てきました。

「あれ?間違ったのかな?」でも通路は通行止めになっていて他に道はなさそうです。仕方ないのでとりあえず、夫婦大黒天へ入ってみることに・・・。

入ってから思い出しました。ここを左に行くと本殿に行ける事を(^^♪

なんとか本殿に到着!¥500を支払い中へ

灯籠は撮影できるか?

内部に入ると「この辺りは狭いので立ち止まらずに進んで下さ~い」と係員の声!

ぞ~ろぞ~ろと並んで進みます。幻想的な雰囲気が~写真撮られへんやんか~!

想像とは違う状況です。

撮影目的で訪れる人が多いですが、節分の神事なので、パチパチ撮れるだけありがたいか・・・(;^ω^)

「まだ先に写真の撮れる場所がありますよ~」と再び係員の声。仕方がないので指示に従い先を進みます。

本殿には沢山のロウソクが灯っていました。お参りをして先に進みます。

この辺りから少し写真を撮れそうな感じになりました。

灯籠には春日大社ゆかりの鹿や藤の模様が描かれているものも多く見られました。

この後沢山撮影できました。画像が多いので動画にまとめましたよ(^^♪

節分万灯籠の感想は?

とにかく人が多くゆっくり撮影はできませんでしたが、とりあえず綺麗な灯籠は撮影できました。

カメラマンやカメラマニア?の姿はやはり多かったです。

燈籠の数が日本一の春日大社です。しかも年に2回しか灯りが灯らないので、カメラマンでなくても撮影したくなりますよね(^^♪

撮影はできますので、混雑覚悟でお出かけしてみては?

スポンサーリンク

節分万燈籠のスケジュールまとめはこちら

 

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です