女性天皇・元正天皇陵(奈保山西陵)長屋王と聖武天皇との関係は?

近鉄奈良駅の北側、奈良市奈良阪町には、第44代「元正天皇陵(奈保山西陵)なほやまのにしのみささぎ」があります。
近くに元正天皇の母である第43代の女性天皇「元明天皇陵(奈保山東陵)」もあります。

奈良には天皇陵も多数ありますが、元正天皇は数少ない女性天皇です。
どんな人だったのでしょうか?
女性天皇が居た事すら知らない私は少し調べてみました。

女性天皇は過去に何人いたのか?

愛子様がお生まれになってから、

女性天皇についていろいろと協議されているニュースを耳にしましたが、

どうやら過去には「8人10代の女性天皇」がいらっしゃった様です。

「8人10代の女性天皇」???

数が合わないではないか?

ちょこっと調べたら解決しました!(^^)!

一度退位して、また名前を変えて即位されてる天皇が2名。

10-2=8で数が合いました。

元正天皇はどんな天皇

680~748年没、第44代天皇、在位は712~724年、

綺麗で聡明な女性だったらしく、日本の女帝としては5人目であるが、

未婚、独身で即位した初めての女性天皇らしい。

「日本書紀」の完成、「養老律令」を制定、「三世一身法」の発令などの功績を残した。

三世一身法って言葉は覚えてるけど内容がいまいちだった私はここでもちょこっと調べてみました

「自力で池溝を造り田地を開墾すれば,3世 (子,孫,曾孫) の間,で開墾者の田主権を認めた法令」

なるほど~元正天皇は、食の源である田畑の開墾を推進していたのか。

元正天皇の波乱万丈な人生

元正天皇を調べてみると、○○天皇の孫だ子供だと・・・歴史丸暗記だった私にはよく解らないので、サクッとまとめてみました。

祖父天武天皇が亡くなった後、皇位継承問題が起こり→ 父・草壁皇子即位することなく早すぎる(27歳)病死→

祖母であり、伯母でもある持統天皇が即位→

弟の文武天皇が即位するが、若くしてこれまた亡くなる(24歳)→

母である元明天皇が即位→

母から譲位され、氷高皇女は元正天皇として即位する。

今の時代と違って寿命も短かった時代だが、それにしてもどうやら早死にが多かったようだ。

元正天皇は、もともと幼かった甥の聖武天皇の中継ぎとして天皇になったらしく、

後に聖武天皇に譲位することとなる。

ところがこの聖武天皇が問題児だったようで病気がちで職務を行えなくなった

又は目まぐるしく遷都、行幸を繰り返すなど、情緒不安定だったようで、

元正天皇が退位後、20年近くも経ってから聖武天皇に代わり

橘諸兄・藤原仲麻呂らと政務を遂行していたらしい。

聖武天皇の時代は、地震、疫病、飢饉、反乱などの災いオンパレードで、

740年に藤原広嗣の乱が起きると、

聖武天皇はなんと、平城京を離れて彷徨の旅へ出てしまったらしい。

聖武天皇陵もここの近くにあるが、近鉄奈良駅に近くここより立派な感じで、

歴史的には聖武天皇のほうが有名だったので、私的には意外だった。

聖武天皇はやっぱり地雷だった

元正天皇死後は、いとこに当たる長屋王が政権を担当、長屋王の妻は元正天皇の妹でもある吉備皇女。

この時の天皇は聖武天皇で、妻は藤原光明子。

藤原光明子は皇族出身ではなく、血族を重んじる長屋王は聖武天皇が不慮の事故などで亡くなった場合、皇族出身ではない藤原光明子とその子供が跡継ぎになる事を反対していた。

しかし藤原氏によって長屋王を打倒するために、しくまれた政治的陰謀事件

「長屋王の変」により、

元正天皇のいとこの長屋王と、妹の吉備内親王が謀殺されてしまう。

スポンサーリンク

img_1682

元正天皇は天平(てんぴょう)20年4月21日死去。享年69歳

そんな天皇家に興味を持ったのか、漫画家の里中満智子さんが

「天井の虹持統天皇物語」「長屋王残照記」などを書いている。

天皇陵は、特に見どころなくただ祀られている所だが、歴史背景を知って訪れると感慨深いものです。

img_1676 img_1677

img_1678 img_1680

大きな山に囲まれた元正天皇陵。柵がしてあり、ここまでしか立ち入れない。

宮内庁の看板があり、鳥居が見えるだけ。

img_1679

入口すぐ左横に管理棟のようなものが( ゚Д゚)

エアコンも設備されているようですが、ここに人がいる所を私は見たことがない。

img_1675

農業政策に力を注いでいた元正天皇は、ここから奈良の農業を見守っているに違いない!と私は思っている。

近くに大仏プリンのカフェ「プリンの森」と道の駅「旬の駅ならやま」があるので、

近くに来たら是非立ち寄って歴史に触れてみるのもいいかと!?

住所: 奈良県奈良市奈良阪町
駐車場: あり
アクセス: 近鉄奈良駅からバス「奈保山御陵」下車。徒歩すぐ

スポンサーリンク

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です