般若寺近くにある史跡「北山十八間戸」ひっそりたたずむ「きたやまじゅうはちけんこ」

般若寺に向かう途中にこんな史跡がありました。

柵に囲まれた長屋風建物が、周りの景色に溶け込んでいるので、すっと見過ごしてしまいそうです。近くに浄福寺と古いレンガ造りの水道計があり、歩いていてもそちらに目が先に行ってしまいます。調べてみると「北山十八間戸」きたやまじゅうはちけんこ と呼ばれる建物だそうです。鉄の柵に囲まれていて、中には入れそうな雰囲気ではなく、柵の中に普通のお家のような建物も見えます。そこに石碑が建っているので、ここが史跡だとやっと解る程度です。中に見えるお家は管理されてるお好み焼き屋さんだそうですが、ちょっと入るのに勇気がいりそうな雰囲気です。

img_1712img_1717 img_1716

北山十八間戸とは何の建物?

img_1723

定期的にメンテナンスしているようで、小綺麗な建物です。屋根瓦の模様や木製の扉に古い建物であることが伺えます。北山十八間戸と1枚1枚の扉に書いてあり、平家のアパート風の建物です。1部屋が2畳程度の広さらしく、全面から見た一部屋の幅は180cm位といった所です。

img_1714 img_1713img_1724

ここは、鎌倉時代に建てられた、ハンセン病患者などの保護施設だったようです。この辺りは東大寺よりそう遠くない場所にある住宅地です。当時の医療では、不治の病であり感染が恐れられていた時代だったので、この立地に建てた事に少し疑問を感じました。で 少し調べてみると、当時はこの辺りに般若寺位しか建物もなく山だったようで、やはり病気で流れ着いた患者さんたちがここにたどり着いたそうです。般若寺を拠点に活動していた西大寺の僧・忍性がここに保護施設を建てたらしく、元々は般若寺北側にあったそうで、東大寺の戦火により消失し江戸時代ここに移転されたそうです。以上が有力説ですが、建立者(光明皇后説あり)にしろ移転説にしろ明確な文献が残っておらず、複数の説があるようで未だ詳しい事は謎のようです。

スポンサーリンク

img_1722

「いい国作ろう鎌倉幕府」←今は年号が違うらしいですが、それにしても約1000年程前に、このような保護施設があった事は、私的には以外でした。

img_1720

近くにある浄福寺と古いレンガ造りの水道計
般若寺 や 奈良少年刑務所にも近いので、併せて立ち寄img_1715

スポンサーリンク

近くにある 般若寺 奈良少年刑務所 植村牧場

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です