和歌山 宿泊 かじか荘 川遊び の出来る 割安な宿 お盆も安い 宿泊施設

お休みに家族で旅行に出かけると高くつきますよね~
特にGW、お盆、お正月は。
平日に休みを取れればいいのですが、どうしても高額な時期になってしまいます。
そこで、先日お盆に利用したお宿を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

私は年に何回かテニス友達と合宿に行きます。

そこで毎度安い宿を探してくるので、友人からは感心されています。

私を含めみんな子育て終了の年齢なので、そこまで料金にこだわる必要もないのですが、ほとんどテニスがメインで、滞在時間も短く、いいお宿に泊まるともったいないです。

家族連れで行く場合はコストもかかりますね。

安い分何かとグレードは下がりますが、トータルでのコスパの良さは魅力でもあります。

先日お盆に利用した「美里の湯 かじか荘」もコスパのいいお宿だったので、紹介したいと思います。

かじか荘 アクセス

最寄りのインターは高速阪和道の海南東インターです。インターから山手に30分程走った所にあります。

料金所を出て2つ目の交差点を左に国道18号線高野西街道を進みます。一緒に行った友人は、1つ目の交差点を左折したそうですが、何故か混んでいたそうです。1つ目の交差点を左折しても高野西街道と合流します。

田舎の国道ですが、整備されていて、走りやすい道路でした。

途中にメロディーロードというのがあって、車が走ると道路から音が出る仕組みになっています。車内でお喋りに夢中で聞き忘れたので何の音楽かは分かりませんでしたが、覚えていたら窓を開けて聞いてみて下さい。

大阪から約2時間で到着します。

高野西街道から大きな看板が見えます。道路から少し入った所に宿がありました。

高野西街道の名前の通りこの先は高野山に続いています。

少し前にクラウドファンディングで話題になりましたが、和歌山の紀美野町は「鈴木性」発祥の地だったそうで、海南インター近くに鈴木屋敷跡があります。この鈴木さんは、高野山や熊野詣の案内役だったそうです。鈴木姓の方はついでに訪れてみるのもいいかも?

昔の人はこの道を歩いて高野山まで行ったのかなぁ〜 すごいなぁ

駐車場

駐車場は手前と奥の2箇所ありました。間にも数台分ありましたが、軽自動車専用でした。手間の駐車場がいっぱいだったので、奥の駐車場に停めました。駐車台数は100台あるそうです。そんなあったかなぁ~

奥の駐車場から戻るの面倒だなぁと思いましたが、すぐ横に階段があり降りたらフロントでした。

どうやら手前が旧館、奥が新館のようで、フロントは中央にありました。

川遊び

高野西街道沿いに貴志川が流れています。宿から直接河原に降りれました。ここは、浅い川で川遊びが出来ます。

この日は到着が遅かったので、川遊びしている人はいませんでしたが、川遊び目的で来られる方も多いようです。

川遊びは他でも出来ますが、地元の人でないと、なかなか知らない川では遊びにくいですね。川は流れが早かったり深みがあったりと、危険な場所も多いです。

ここならお宿の河原なので安心です。

お盆という事もあり、家族連れの人がたくさん泊まっていました。最近の夏は本当に暑いので、川遊びはいいですね。

流し素麺

河原に降りる手前に流し素麺の大きな台がありました。

レトロな遊びですが、子供のうちに一度は体験しておきたい遊びで日本の文化です。

談話室

旧館は全体的に古く昭和の匂いがします。客室は二階にあり、階段しかありません。

一階には談話室がありました。私は10名で宿泊でしたので、夕食後談話室を使わせてもらいました。

談話室のお隣には子供用のプレイルームがありました。

ここでは、子供さん達が遊んでいました。

お部屋

安いプランで泊まったので、お部屋は一番安いお部屋です。

旧館で和室6畳に入口に洗面台が付いているだけです。バス、トイレはお部屋にありません。畳も小さめなので、六畳でも狭く感じました。

設備は、湯沸かしポット、冷蔵庫、テレビ、金庫と洗面台にはドライヤーがありました。私はテニス合宿で利用したので、お部屋では寝るだけなのでこれで充分です。

お盆利用で、一泊二日1万円ととてもリーズナブルな料金でしたので、文句は言えませんね。

新館には綺麗なお部屋が並んでいたので、お部屋でゆっくりするなら、新館がオススメです。料金は2~3千円上がりますが、滞在時間が長ければそれもいいです。

お布団はセルフで敷く事になっていますが、帰りにあげなくてもいいそうです。お布団は結構薄めの一枚でマットレスはありませんでしたが、下が畳なので、そう気にもなりませんでした。

夕食

夕食は懐石で、畳敷きの宴会場でテーブルで頂きました。宴会場は大小いくつかありました。夕食もお部屋同様、最安値の懐石料理です。

お刺身、鮎の塩焼き、鱧の酢の物、豚肉のお鍋、茶碗蒸しに天ぷらと充分な量でした。

お料理をグレードアップした人も居ましたが、少し品数が増えたのと、お鍋がボタン鍋だったそうです。私はボタン鍋が苦手なので、スタンダードで丁度良かったです。

他に釜飯付きのお料理もありました。

 

朝食

朝食は夕食とは別のレストランで頂きました。

ブッフェスタイルで、かなり品数が多かったです。和食がメインですが、パンとコーヒーもあり洋食派の人も大丈夫です。

和食は煮物などのヘルシーなものが多かったですが、がっつり食べたい人も満足出来る内容でした。

施設は全体的に古くレトロな雰囲気ですが、お盆にこの内容で1万円は安いと思います。家族連れなら、前の川で川遊びして子供も大喜びでしょう。お盆休みを有意義に過ごせそうです。

スポンサーリンク

日帰り温泉

日帰り温泉もあって、お泊りでなくても温泉利用出来ます。温泉成分には満たないそうで、正確には、温泉ではなく日帰り入浴になりますが。

この辺りの紀美野町は、田舎ですがオシャレなカフェとか有名なジェラードとかあって、若い人にも人気のエリアです。ランチして温泉に入る日帰りプランでも充分楽しめそうですね。

美里の湯かじか荘

日帰り入浴 11:00~20:00(最終受付19:30)
大人550円(中学生以上)
小人300円(3才以上小学生)
一泊二食 ¥10000~
所在地 〒640-1364和歌山県海草郡紀美野町菅沢6番地
073-498-0102
http://niunomiyako.com/

スポンサーリンク

 

 

投稿者:

mio333

奈良市在住、実際に体験した事を中心にブログにしています。趣味はゴルフとテニス、時々手芸、季節によりガーデニング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください