清水の舞台と同じ造りの【二月堂】御本尊は絶対秘仏

スポンサーリンク

二月堂内部を詳しくご紹介

二月堂はたくさんの行燈が吊り下げられています。形や素材も様々です。私はこの行燈を眺めるのが好きです(^^♪ここはお堂の裏側です。ぐるっと一回りできます。画像いっぱいで、実際に訪れた様子をご紹介します。

階段を登りきった所から東大寺を見下ろせます。

その奥はならの市街地で、もひとつ奥は、生駒山だと思います。

こちらも裏側で古い額のようなものが並んでいます。奉納されたものか?

扉も雰囲気がありますね~

こちらは二月堂正面側です。

登ってきた階段を見下ろしたところ。

2月堂のご本尊は絶対秘仏

御本尊様は大観音(おおかんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる2体の十一面観音像で、どちらも誰も見ることを許されない絶対秘仏だそうです。

「誰も見ることを許されない絶対秘仏」

布か何かでぐるぐる巻きにして保存しているのか?

虫が食ったり、かびが生えたりでボロボロになっているのでは?

誰も見ないのに何故十一面観音だと解ったのか?

しかも後に記載していますが、二月堂は火事で焼失しています。燃えなかったのか?

気になったのでちょこっと調べました。

絶対秘仏は、善光寺の阿弥陀三尊、浅草寺の聖観音と

この二月堂十一面観音の3つくらいらしいです。

他の秘仏は、秘仏と言われても年に1回、または数年に一回御開扉があり、

メンテナンスもされています。

この3つは文化庁の修理や調査、メンテナンスも報告されていないようです。

ほんまものの秘仏です。

虫食いやカビに関してですが、どうやら木造ではなく金銅仏ではないか?

とのことです。

しかし二月堂の十一面観音に関していえば、

仏像のうしろにある光背の断片が残っているので、本体は無くなったのでは?

と言われているようです。まあ本当の事は謎ですがね~(´・ω・`)

私的には、古代は宇宙人が支配していたと考えているので、

たぶん宇宙人のミイラではないかと?思っていますがね (^_-)-☆

でも火事で燃えたでしょうね( ;∀;)

清水の舞台と同じ懸造り

懸造りとは、別名で「崖造(がけづくり)」とも云われる建築技法で日本独自の建築だそうです。

清水の舞台ほど広くないですが、景色は絶品で混みあってないところも二月堂のいいところです。同じ奈良でも長谷寺の舞台は広いですよ(^^)

長谷寺のブログはこちら

お堂より反対側の階段を見下ろしたところ。お水取りでは松明がこの階段を登ってきます。

お水取りの様子はこちら

お堂正面から北側の階段に続く通路です。

この奥に休憩所があるので疲れたら一休みできます。

沢山の人がここから景色を眺めたのか?ここは手形のようになってた。

ここが絶景ポイントです。いつ見ても絵になる風景です。

ここが休息所。手洗い鉢が目印で奥へ進んだ所にあります。

たぶんトイレもあったと思います。

北側の階段を降ります。ここがお松明の上がって来る階段です。

天井はすすで黒くなっています。

木製の階段なので、「よく燃えなかったなぁ~」と感心しながら見ていましたが、

火事になったことがあるそうですwwww( ;∀;)

二月堂は、2回の戦火には焼け残りましたが、寛文7年(1667年)、

お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物だそうです。

かなり「リスキー」な行事を毎年行っている二月堂はエライ!(‘ω’)ノ

ここもすすの後が・・・

普段の二月堂は人が少な目です。

素敵な景色をゆっくり眺められるので贅沢な気分になれます。

東大寺の大仏殿を見下ろせる絶景ポイントですので、是非足を運んでみてね!

スポンサーリンク

夜景の綺麗な夜の二月堂

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です