奈良の花便りGWは春日大社の藤が見ごろ!万葉植物園で藤を見てきた2007

春日大社といえば有名なのが「藤の花」です。
境内を入ってすぐに「砂ずりの藤」の木がある大きな藤棚があります。
春日大社は、奉納されている灯籠などにも藤の花がよく描かれています。
私が住んでいる所では、もう藤は満開です。
そろそろ見ごろかと思い今日散歩がてらに行ってきました。
はたして藤は満開だったか?

スポンサーリンク

春日大社隣の萬葉植物園へ

まずは、春日大社のお隣にある萬葉植物園へ行くことにしました。

ここには、20品種約200本の藤の木があります。

敷地約9000坪と広く、中央に約600坪の池があります。

この池の中央中の島には、奈良市指定文化財のイチノガシの老巨木があります。

又、浮舞台が設置されていて5月5日と11月3日の年に2回雅楽が奉納されます。

今年の5月5日は10時より奉納されるようです。

ここには沢山の錦鯉が泳いでいて、えさをやることができます。

中央にある大きな池には、沢山の錦鯉がいました。

パンフレットを見ると何故かこの大きな池の名前がありませんでしたので池の名前は不明です。

他に数か所ある池には名前が付いていましたが・・・

しかし最近よく思う事ですが、本当に外国人が増えました。日本人より多いです。

多分七割外国人観光客ではないでしょうか?

大半が中国人やアジア系の外国人です。

でもこの人達が来なくなるとすごく空いてしまいます。観光地にはありがたい存在ですね。

奈良は外国人観光客が少々増えても大丈夫です。敷地が異常に広いですから(^^)

ここには「歌泉堂」という八角堂があり、

柿本人麿公がお祀りされていて、厄除け、

特に火難除けの神様としてご神徳があるようです。

 

口コミなどでは、この萬葉植物園「イマイチ」な書き込みを時々目にします。

たぶん若い人には地味な庭園なのかもしれません。

馬酔木やどうだんツツジ、ツツジやシャクナゲ、菖蒲など

和庭には欠かせない植物が沢山植わっています。

少し山手の地味なお花、薄紫の控え目なお花が多いようです。

バラの咲く洋庭のような華やかさはありませんが、

少しひんやりとした空気に、ぽつぽつ咲くお花もかわいいですよ!

しかしこの時期はメインの藤の花が咲くので、

一年の中でも一番華やかな時期!

どなたでもハズレなしで楽しめると思います。

ところどころに休憩できる椅子があり、のんびり散歩するのにもオススメです。

藤の見ごろはいつ?

家の近くの満開の藤を見て、急に思い立って見に行きましたが

よく考えてみると、春日大社は若草山のふもとでやや高い位置にあり、

いつも少しひんやりしています。

萬葉植物園に着いて、入口を見ると「二分咲き」の文字が・・・( ;∀;)

やっぱりちょっと早かったわぁ~

受付のお姉さんに見ごろの時期を聞いてみると、

例年はゴールデンウィーク辺りなのですが、今年は5日程遅れているそうです。

桜の開花が目安になるようで、今年桜の開花も5日程遅れていました。

ですので、桜の開花が例年通りならGW前からGW中が見ごろだそうです。

今年のように五日遅れなら、GW後半からが見ごろになりそうです。

萬葉植物園入口には開花状況を表示してくれています。

 

この日は珍しい緑の桜「御衣黄(ぎょいこう)」開花と書いてあったので

こちらも撮影しました。始めて耳にする名前ですが地味な花です(^^)

 

他にもシャクナゲや大根の花が咲いていて、梅は実を付けていました。

「さつき」はまだ咲き始めといったところです。

 

ご神木の葉を財布に入れると

私はこの日、東側の入口から入りました。

正門ではなく、駐車場側から入れる所です。

この入口そばにご神木があり、この葉を財布に入れるとお金が入ってくるらしいので、早速ひらって入れておきました。

ご神木なので葉をちぎるのはダメですよ!

ご神木にはこのブルーベリーのような実がなっていました。なんて木かなぁ?

御利益があり、お金が入ってきたら又報告したいと思います(^^)

 

スポンサーリンク

春日大社の砂ずりの藤

二分咲きという事でしたが、せっかくなので春日大社へ

ここから歩いて5分程の所に春日大社があります。

定番の鹿がちょこちょこお目見えします。

離れて見ると、良く咲いているようですが、

近くで見るとやっぱりまだ全部花が開いていませんでした。

 

今日はいいお天気でしたが、平日ゴールデンウィーク前なので、

そこまで混んでなくゆっくり見る事ができました。

たぶんGWはすごい人だと思います。私はGW明けにでも又訪れてみようと思います。

 

春日大社に行くなら、この藤の季節と、夜の万灯籠がオススメです。

パワースポットで有名なここ春日大社、敷地は広いですが、

結構こじんまりしていてそう迫力のある建物でもありません。

灯籠の数はすごく多いのでこれは見どころですが、

やはり夜の灯りが灯っている時のほうが雰囲気があります。

藤の開花時は、お隣の萬葉植物園も併せて立ち寄りたい場所です。

節分万灯籠の様子はこちら

萬葉植物園アクセス

〒630-8212 奈良市春日野町160
電話:0742-22-7788
近鉄・JR奈良駅 バス春日大社表参道下車、又は本殿前下車
駐車場:有料¥1000

開門時間:9:00~17:00 月曜日休園(祝日の場合は翌火曜日)
拝観料:500円

スポンサーリンク

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です