おすすめ 観光 奈良県

室生寺 奥の院 の階段は長かった 奈良 紅葉を見に行く

 

室生寺 奥の院

紅葉を見にやって来ました「室生寺」

仁王門から国宝の金堂、そして五重塔と一応の見どころは制覇しましたが、奥に続くのは「奥の院」です。

どこのお寺でも「奥の院」は遠いイメージです。

しかも五重塔まででも、それなりに階段を登って来ました。

ここから先に進むべきか・・・?

しんどいだろうなぁ~と思うけど、やはり先に進みたい

という事で奥の院に向かいます。

仁王門から五重塔まではこちら↓↓↓
室生寺 紅葉 限定御朱印 ゲット 金堂 五重塔 ライトアップは何時?

スポンサーリンク 室生寺 前から行ってみたかった「室生寺」ですが、ちょっと遠い。 我が家のあるなら北西部からも1時間半程かかります。大阪市内からも同じくらいの所要時間です。 なので中々行けませんでした ...

続きを見る

アクセス・駐車場の紹介はこちら↓↓↓
室生寺 奈良 駐車場はどこが近い?アクセス 所要時間 混雑していたか?

スポンサーリンク 室生寺 「女人高野」の別名でも知られる「室生寺」 かつて女人禁制が当たり前の時代に、江戸時代5代将軍徳川綱吉の母桂昌院の力添えで女性の参詣が許されました。 「室生」とは、豊かな森林の ...

続きを見る

 

 

太鼓橋

小さな太鼓橋があり、ここからず~っと階段を登って「奥の院」です。

 

階段が長い

写真の先に見えるのがお堂です。

この画像だけ見ると「大した事ないやん」と思うかもしれませんが、これはごく一部です。

とてもじゃあないけど、下から全貌を写す事は出来ません。

この階段がいくつもあります。この階段が5個位あったかなぁ~?

しかも、階段の幅が狭く、段差が高い目です。しかも苔も生えてます。

コロナ禍で、手すりを持たないように気を付けている私ですが、ここではそんな事言ってられない 😉

手すりにぶら下がりながら、登ります。

この日の気温は奈良市で20度程ありましたが、ここは5度以上低くひんやりしていましたが、もう汗びっしょりです。

夏に登るのは無理ですねぇ

この近くにある「長谷寺」の登り楼も長いですが、そんなもん比べ物にならない

もう修行に近い階段です。

所要時間はどの位か?リポートしたい所ですが、もう登る事しか考えられない階段なので、どの位の時間だったかも不明です。

階段 段数と所要時間

気になったので少し調べてみたら、どうやら約400段、五重塔から奥の院までの段数です。

これは、長谷寺の登り楼とほぼ同じ段数ですが、室生寺の方が三倍程しんどいです。

所要時間は15分程って記載されてましたが、たぶん私はその倍かかったかと・・・

途中休憩・・と言うか立ち止まる事も多かったので、すごく長く感じました。

長谷寺の紹介はこちら↓↓↓
奈良【長谷寺】車でアクセス・御朱印もゲット【特別拝観】観音様の御足にも触れて来ました

  長谷寺 奈良中南部にある、牡丹で有名な長谷寺です。 沢山あるお寺の中でも口コミ評価の高いお寺です。 どうせなら花の咲く季節に行きたいところでしたが 曽爾高原に行った帰りに寄ったので、花の ...

続きを見る

 

仁王門からだと全部で700段程だそうですが、前半の五重塔までより断然キツイ階段です。

ブツブツ文句を言いながら、階段を登って行くと、ようやくお堂が見えてきました。

観音様を祀るお寺に多い建築、懸づくりです。

清水の舞台と同じ造りで、奈良では「長谷寺」や東大寺「二月堂」信貴山「朝護孫子寺」も同じ造りでした。

二月堂の紹介はこちら↓↓↓
清水の舞台と同じ造りの【二月堂】御本尊は絶対秘仏

二月堂の見どころ 二月堂はたくさんの行燈が吊り下げられています。形や素材も様々です。 私はこの行燈を眺めるのが好きです 🙂 二月堂は聞いたことがあるけど、行った事がないという人にご紹介。   ...

続きを見る

朝護孫子寺の紹介はこちら↓↓↓
朝護孫子寺 奈良 紅葉 大銀杏を見てきた 駐車場 虎 バンジージャンプ 聖徳太子ゆかりの寺

そろそろ紅葉!という事で、信貴山の朝護孫子寺へ行って来ました。 あいにくのお天気曇り空でしたが、晴天の土日は混んでいるだろうと予測。 平日金曜日に行きました。 スポンサーリンク 朝護孫子寺 朝護孫子寺 ...

続きを見る

 

 

奥の院

やっとの事で到着しました~奥の院 🙂

達成感あります。

この奥に見える休憩所で御朱印が頂けます。

せっかく登ったのに、御朱印帳忘れた 😥

 

御影堂

頂上は開けているのか?と想像してましたが、さほどそうでもない、こじんまりとしたスペースです。

御影堂は弘法大師をお祀りしているお堂です。サイズは小さめ

 

常燈堂(位牌堂)

奥の院で一番大きな建物が常燈堂(位牌堂)です。

閻魔様のちょっと恐い目の額が飾られてました。

横に鐘のようなものがありました。

しんどい階段を登ってきたので、記念にゴンと鳴らしておきました。

「御影堂」の奥に、諸仏出現岩といわれる岩場があり、その頂上には七重石塔が建っています。

常燈堂をぐるりと囲む廊下からは、下界を見渡せます。

かなり高い位置です。

ここは、せり出した舞台はなく、回り廊下って感じです。

しかし、ここにお堂があるという事は、ここまでお堂の材料である木材とか、あの階段で運んできたのか?

階段で運ぶ以外、他に方法は無さそうですよね?

頂上の日当たりの良い所は紅葉してました。

女人高野と呼ばれる「室生寺」は女人向けでもありませんでした。

特にこの「奥の院」

覚悟が必要な階段です。まさに「修行」です。

膝、腰の悪い人は、キビシイです。

休憩所にトイレがあったのか?確認しませんでしたが「仁王門から先トイレはありません」の張り紙がったので、たぶん無かったんだろうなぁ~

汗かいたので、トイレの事はすっかり忘れてました。

トイレの事も要注意です 🙂

疲れたのでこの後、遅い目のランチに行きました。

室生寺でランチ メリメロ フランス人の作る ガレット を食べてきた

スポンサーリンク 室生寺 ランチ 室生寺で紅葉を見てきました。帰りにランチを食べたいので事前にグーグルマップで検索です。 室生寺参道沿いにもいろいろお店がありました。参道沿いのお店も風情があっていいん ...

続きを見る

 

-おすすめ 観光, 奈良県