ユニットバスへ~お風呂リフォームの口コミ!費用・日数はこうだった。お掃除浴槽で楽したい!

念願のお風呂リフォームを3月に実施しました。
昨年11月頃にリフォームすることを決定してましたが、
年末年始を挟んだのもあり実施は3月になってしまいました。
いろいろオプションがあり、これを選ぶのが楽しみの一つではありますが、
悩みの種でもあります。
壁の色から材質まで1つの箇所でもいろいろ検討するので中々決まりません。さてさて我が家のお風呂はどうなったか???

スポンサーリンク

リフォームの業者選び

さあリフォームしよう!と思ってもどこの業者にしたらいいか?

まずはここから始まりです。

頻繁にリフォームでもしてれば悩むこともないかも?ですが、

我が家ではひさしぶりのリフォームです。

去年給湯器が壊れた際に交換してもらった業者さんにお願いしようか?

と思いましたが、ネットで調べると数社の見積もりを取った方がいいとの情報でしたので、ネットの一括見積で見積もりしてもらう事に・・・

見積もり希望の必要項目を入力して送信すると、いっぱい電話がかかってきました。

これはこれで大変です。

あまりいっぱい見積もりしてもらうのも!と思い3社でお断りしました。

お風呂の見積もりの場合もちろん現地を見に来られます。

それからの見積もりになるのでね。

ネットで一括リフォームの見積り

見積もりを依頼した業者さんが、カタログを持ってやってきます。

まずは、お風呂場の採寸です。

それから「どれにしますか?」と問われましたが、今ある機能でお気に入りのジェットバスと「お掃除浴槽」という自動洗浄機能以外何も決めていませんでした。

なので、他は何でもいいので、見積もりしてってお願いしました。

しかしこの見積もり依頼の仕方が良くなくて、ややこしくなってしまいました。

共通事項は、ジェットバスとお掃除浴槽だけだったので、

A社B社C社とグレードが別々だったりで比較のしようが、
よくわからなくなってしまいました。

複数の業者とのやり取りする間に、だんだんとイメージが固まってきました。

とりあえず、ジェットバスとお掃除浴槽の両方の機能が付いているのが

ノーリツというメーカーだと解りました。

TOTOでもお掃除浴槽はあったのですが、ジェットバスと併用が出来ないそうです。

そこでやっとメーカーは決定!

いろんなメーカーのカタログを見ているとあれもこれもいいな!

と優柔不断になってしまいます。

メーカーは決まったが

メーカーは決まりましたが、まだここでは業者が決まってません。

細かいオプションが決まってないので、金額に差があり、どこがいいのか?

よくわかりません。

ここで再び、業者さん達がメーカーの人を連れて再見積もりに来ました。

「まだ業者さんを決めていないのにいいのか?」
「ノーリツの人が業者別に何回も来ているのは大丈夫なのか?」

少々不安があったのですが、リフォームまでの流れがよく解らず、

各業者の言う通り、再び見積もりすることになりました。

結局複数の見積もりを比べましたが、2社はほぼ変わらずで、

1社は割高でしたので、この2社のどちらかで行う事にしました。

この2社の営業の方は、1社は女性・1社は男性でどちらも感じが良く

甲乙つけがたい所でしたが、この1社は昨年給湯器を交換してもらった業者だったので、結局こちらにお願いしました。

業者とメーカーが決まり

やっと業者とメーカーが決まったところで、メーカーのショールームに行くことになりました。

以前から「一度ショールームに行ってください」と言われていましたが、

年末年始も挟んだので、ショールームに行ったのは1月中旬になりました。

ノーリツのショールームは、新大阪と京都にありましたが、

私は新大阪のショールームに行きました。

ある程度カタログを見てオプションなどは決めていましたが、

実際に見てみると、やっぱり気が変わります(;^ω^)

最初のプランとはだいぶ変更になりました。

スポンサーリンク

お風呂リフォームの日数

金額も決まりいよいよ工事スタートです。

業者さんの工事予定が空いてなかったので、

オプションと金額が決定してから1か月後になってしまいました。

見積もり依頼してからもう3か月です。

工事期間は意外と長く約1週間でした。

2~3日かと思ってました。この期間あたりまえですが、在宅です。

お風呂リフォームの工事日程

1日目は、現在のお風呂を解体です。

この日はドンドンと音がうるさかったです。
いちいち見に行く訳にもいかないので、終わってから見てみると、
タイルの壁が剥がされ天井もむき出しで浴槽もなくなっていました。

壁の1面だけはタイルのままだったので、翌日これを剥がすのかなぁ
と思って見ていました。

2日目も前半はドンドン音がしていましたが、後半は静かになっていました。
工事が終わってから、中を除くと足元にセメントが引かれていました。
1面残ったタイルはそのままで使うらしい。

工事の人が「明日はセメントを乾かすのでお休みです」との事。

4日目、セメントも乾いたようで、浴室の組み立て工事になる模様です。
何かを切る音はするけど1日目程うるさくない。

終わって見ると、ほぼ出来上がってる状態。

5日目 ドアの取り付けや窓のパッキンの工事。
洗面所の暖房機を取り付けて完成です。
お昼過ぎに仕上がりましたが、乾くまで約1日使用できないので、
使用は翌日夜からになるようです。

元々6日目は予備日だった為、予定通り5日で済みました。

完成した写真がこちら

リフォームの順番はどれが正解?

リフォームをしてみて、どの順番が正解だったんだろう?

と思い、少し整理してみました。

私のように譲れないオプションがある場合ですが、

まずカタログを見て目ぼしいショールームに行く。

それから業者に見積もり依頼、業者を決定、

再びショールームで確認して工事にかかる。

この流れがスムーズだったのではないか?と思います。

ショールームでは見積もりプランを保存してこの保存したプランに番号が付きます。

この番号を元に各社で見積もりしてもらえるようです。

しかし、私のようにオプションにこだわりがなければ、

業者の一括見積で「一番安いもの」で伝えればいいかと思います。

業者によっては、格安の商品を持っている場合があるからです。

お風呂リフォームにかかった費用

今回、在来工法のお風呂からサイズ1616のシステムバスにリフォームして

金額は130万円程でした。

選んだオプションや使いごごちも見てみる見てみる?

 

スポンサーリンク

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です