お土産 ランチ 食事 スイーツ 奈良県 春日大社 東大寺 興福寺

奈良町【萬御菓子誂処樫舎】ぜんざい・かき氷・葛焼き・干菓子・和菓子のフルコースも

奈良町のある和菓子のお店「萬御菓子誂処樫舎」食べログでも3,7と高評価の人気和菓子店です。興福寺の帰りにちょっと寄り道してきました。

スポンサーリンク

萬御菓子誂処樫舎

萬御菓子誂処樫舎と書いて、

よろずおんかしあつらえどころ「かしや」と読みます。

「かしや」が店名で「よろずおんかしあつらえどころ」はサブタイトルって所です。

う~ん読みにくい店名(´・ω・`)

しかし店名だけで老舗の雰囲気が伝わってきます。

お隣はランチなどで人気のお店「粟ならまち店」です。

樫舎 テイクアウト

この日は、お持ち帰りの和菓子セットを購入しました。

賞味期限が翌日なので、食べられるか?と少々不安でしたが、全く問題なくペロッと食べてしまいました。

すご~く上品なお味なので、パクッと食べてしまいます。

本来は、お茶と一緒にゆっくり味わうもんですが( ;∀;)

樫舎 一番人気は?

ここの一番人気は、黒い、ぱっと見「きんつば」のようなお菓子です。

見た目を裏切りとってもプルンプルンで柔らかく弾力のある食感です。

奈良吉野の極上の本葛と丹波小豆のこし餡で作ったお菓子で、何とも表現しづらいプニプニ感で控えめな甘さです。

「みよしの」という名前で別名「葛焼き」と呼ばれています。

「葛焼き」のほうがネームバリューあります。

お値段¥378で、お抹茶とセットで¥864もあります。

しかし、葛とあんことどう混ぜたらこんな感じになるのだろう(*'ω'*)

こちらの和菓子詰め合わせは、2400円程でした。

樫舎 季節のおすすめを店内で頂く

和菓子には季節を盛り込んだものも沢山ありますが、ここに来たらせっかくなので店内で頂きたいですね。

冬はぜんざい、夏はかき氷がおすすめです。

ここの人気の理由は、もちろんお味ですが、器のチョイスもなかなかと評判です。

奈良の焼き物「赤膚焼」や「奈良漆器」などセンスの良いセレクトです。

見た目も楽しいのはいいですね(*^^)v

お抹茶が苦手な人にはコーヒーもあります。

でもやっぱり、和菓子にはお抹茶が合います。

樫舎 店内

こじんまりとした店内に時代を感じさせる階段箪笥があり、この上が客席になっています。

ぶらんとぶら下がってるのはお水取りのお松明のようです。

こちらが受付カウンターで、この奥が厨房とコースを頂けるカウンター席のようです。

わざと和風の雰囲気を出している所とは違い、やはり時代を感じる自然な和風の店内です。

このような雰囲気ってのは、中々作ろうと思っても作れませんね。

スポンサーリンク

和菓子のフルコース

予約をすると、和菓子のフルコースが頂けます。

和菓子のフルコースってあまり耳にしないので、希少な機会です。

「おまかせ」で、上生菓子2種・干菓子・半生菓子・御茶 3種で料金は2,000円
時間は1時間位 かかるようです。

カウンター席は6席のみなので、予約ができれば食べてみたいですね。

カウンター席は普通のセットメニューは頂けないようです。

樫舎 干菓子

店頭には、干菓子などもディスプレイされています。

どれもかわいい素朴な和菓子です。こちらは日持ちするものも多いので、安心です。

樫舎 アクセス

近鉄奈良駅から商店街を終わりまで歩いてもうちょっと進むと少し大きい通り「ならまち大通り」に出ます。

ここを進行方向左、東に曲がってすぐです。

この大通りを挟んでお向かいが「奈良町情報館」って言う観光案内所です。

ならまちを散策するなら、ここに寄って情報収集するのがいいですよ。


出典:樫舎公式ページ

営業時間9:00~18:00
定休日無休
所在地〒630-8392 奈良市中院町 22-3
0742-22-8899
http://www.kasiya.jp/

葛を使った和菓子は他にもあります。ここは、東大寺近くになりますが、有名店です。

天極堂

【天極堂】大仏殿に近い奈良本店に行ってきた葛料理・葛菓子専門店

こちらも東大寺近くですが、葛を使ったパスタやブランマンジェが美味しいお店です。

黒川本家

吉野本葛【黒川本家】東大寺店でランチとブランマンジェを食べてきました

スポンサーリンク

 

-お土産, ランチ 食事 スイーツ, 奈良県, 春日大社, 東大寺, 興福寺

Copyright© 1dayリア充 , 2020 All Rights Reserved.