世界遺産【法隆寺】聖徳太子の謎と【みどころ】をだらだらと書いてみる

スポンサーリンク

法隆寺はユネスコ世界遺産(文化遺産)に認定されています

これは法隆寺だけでなく、法隆寺の建造物47棟と法起寺3重塔を加えた48棟になります。特に西院伽藍(さいいんがらん)は世界最古の木造建築として有名です。西院伽藍とは、五重塔のあるメインのスペースです。
世界遺産であるという事と古い仏像や建築物があるという事は解りますが、仏像マニアでもなく、寺社マニアでもない私にはいまいちピンとこない(^^)
しかし ありましたよ!こんな私でも興味を引くものが・・・

 

教科書で見たことのある「玉虫厨子」

玉虫厨子は学校で習ったので記憶にある方も多いと思いますが、

いったい何なのか?

どうやら入れ物のようで、玉虫を装飾に使った仏像などを飾る為のもの、

家でいう所の まあ仏壇のような感じです。

下の画像はちょっと教科書で見たものと違うような・・・

それもそのはず、こちらは当時を再現したレプリカのようです。

貝殻を使った装飾は現代でもよく見られますが、玉虫はあまりお目にかかれないですよね。

いったい何匹玉虫を使ったのでしょうか?

昭和35年9月末に作られたレプリカでは、5348匹の『ヤマトタマムシ』の翅が使われたそうです。

本物の玉虫厨子には、約2600匹のヤマトタマムシの翅が残されていたそうです。

どちらにせよ数千匹の玉虫wwwwwww(;゚д゚)

想像しただけで気持ち悪いわぁ(-_-#) 集めるのも大変だったろうねぇ


出典:http://www.inachu.jp/

こちらがお馴染みの玉虫厨子です。

玉虫の翅はもうほとんど残っていないようで、やや薄汚い感じですが、

こちらのほうが私的にはホッとします。

法隆寺といえば「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

この句が有名ですが、法隆寺の鐘はいつ鳴るのでしょうか?
この答えはこちらのブログで

スポンサーリンク

ここから法隆寺体験記です

法隆寺門前の参道は立派です。

結構な幅と距離があり、両脇にポツポツとお店屋さんがあります。

お店屋さんは駐車場を併設している所が多く、

食事をした人は駐車料金¥500とか書いてありました。

この参道の西側にもコインパーキングがあり1日¥600とか書いてあったので

有料駐車場の相場はこの位のようです。

どの駐車場も広めなので停めるにはそう困らないかも?

私は大晦日から元旦に行きましたが、世界遺産なのにこんなんでいいの?

と思うくらい空いていましたよ。

参道入り口右手にレンタサイクルがあるようなので、この近くの法起寺、法輪寺などを回るのならレンタサイクルがいいかも?

法隆寺だけでも東京ドーム何個分という広さなので・・・

中宮寺は法隆寺から続きで行けます。法起寺・法輪寺もここから1~2Kmなので季節のいい時期ならハイキングがてら歩いてもいいかな?と思います。

法隆寺は大きく分けて、西院伽藍と東院伽藍、先ほどの玉虫厨子などを展示してある大宝蔵院に分かれています。

まずはメインの西院伽藍へ・・・

入場料¥1500を払って中に入ります。¥1500って破格値ですよね~

いいお値段にびっくり( ゚Д゚)です。

西院伽藍は大講堂と五重塔、金堂、とそれらを囲む回廊があります。

東大寺とまあ似ていますが、こちらはこじんまりして地味な感じです。

うぉ~っと驚く建物ではないです。

丁度その時、鐘の音が~~~

そう大きい鐘の音でもなく、音がびびってるというか~

こちらも地味な音です。

正面大講堂に向って左手に鐘楼という建物がありこの中に鐘があるようで

音は聞こえますが姿は見えません。この鐘は白鳳時代の梵鐘だそうです。

「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句で有名な鐘の音がこれか~

私は西院伽藍に居たので聞こえましたが、少し離れると聞こえないのではないか

と思う位の音で「ゴーン」ではなく「ブウォーン」といった地味です。

地味な音です。

東院伽藍にも鐘がありそちらの鐘だという記載もありましたが。

正岡子規はいったいどこでこの鐘の音を聞いたんでしょうか?

正岡子規といえば「What a day」で有名なお笑い芸人小峠に似ている人です。


出典:新潟市 會津八一記念館HP

正岡子規が法隆寺を訪れ茶店で柿を食べながら一服していた時に、鐘が鳴った。

その時を読んだ句とされています。

しかし法隆寺を訪れた日は雨天だったとか、

当時重病だった為法隆寺には訪れてないのでは?とまで言われているようです

「長き夜や初夜の鐘撞く東大寺」という別の句も読んでいますが、

こちらは東大寺の宿坊にて柿を食べている時に鐘が鳴り、それを読んだ句です。

なのでこの有名な句「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」はフィクションだったのでは?

というのが有力説のようです。

無理せずに「柿食へば 鐘が鳴るなり 東大寺」でもよかったのでは?

実際に訪れてみると法隆寺の鐘の音は広範囲に響き渡らないのを実感できますよ( ;∀;)

現代人を惑わせる有名な句になってしましましたね(´・ω・`)

法隆寺のご本尊のある金堂

聖徳太子のために造られた金銅釈迦三尊像(飛鳥時代)、

向って右には太子の父である用明天皇のために造られた金銅薬師如来座像(飛鳥時代)、

向って左には母である穴穂部間人皇后のために造られた金銅阿弥陀如来座像(鎌倉時代)、

それを守護するようにくすの木で造られたわが国最古の四天王像(白鳳時代)が、立っています。

そのほかにも木造吉祥天立像・毘沙門天立像(平安時代)の諸像が安置されています。

仏像はやや痩せ気味なイメージです。

周りに有名な壁画があり、これはとっても雰囲気があります。

高松塚古墳の壁画みたいな古そうな壁画ですが、これは昭和24年焼損で再現壁画だそうです。

ふ~ん感動するところ間違ったわ(-_-;)

 

手洗い場には、手ぬぐいが・・・やさしい気遣いです(‘ω’)ノ

西院伽藍を出て少し歩くと大宝蔵院があります。

ここにいろんな仏像などが展示されています。

ここで先ほどの玉虫厨子が見られます。

他にも世界的に有名な百済観音像(飛鳥時代)があります。

百済観音像はすらりとした手足で古代の日本人のスタイルではありません。

どちらかというとエジプトの壁画に描かれている人のような感じです。

金堂のご本尊様も痩せていたので、食べ物があまり良くなかったのかな?

と思っていましたが古代人は宇宙人だったのかも?とも思わせてくれるお姿です。

百済観音像は、百済から持ってきたインド製と言われていて、日本のくすの木で作られているそうです。

この時点で多国籍な謎の多い仏像ですが、元々法隆寺になかったもので他から(他の寺?)から来たものだそうです。

う~ん よくわからない(´・ω・`)


出典:日本美術史ノートより

法隆寺といえば聖徳太子

法隆寺は聖徳太子が建てた寺というのが一般的です。
日本初期によると、552年、国に仏教を取り入れたい蘇我氏と日本古来の神々を祀る物部氏との間で争いが絶えませんでした。
587年蘇我馬子は聖徳太子らと共に物部守屋を滅ぼす計画をたてますが、一時劣勢となります。その時聖徳太子が四天王の仏像を作り、戦勝を祈願。
すると劣勢を逆転し物部氏に勝利したと伝えられています。
蘇我氏が勝利した事で仏教が我が国にも取り入れられこの後、法興寺、四天王寺、法隆寺などが建てられたそうです。

聖徳太子ゆかりの法隆寺には、聖徳太子像や掛け軸などもここ大宝蔵院に多数展示されていました。

私のイメージの聖徳太子はこの画像です。↓

しかしここには、こんな感じの↓聖徳太子が多数おられました。

どちらかというとコワモテの一休さんやんか~~( ゚Д゚)

こちらは子供の頃のようですが、大人になってからのものも、丸顔ででややコワモテでした。

何かイメージ違うわぁ~( ;∀;)

聖徳太子の本名は「厩戸王」で、

「厩戸王」は存在したが「聖徳太子」は架空の人物だったとか?

最近はそう言われているようです。

10人の話を一度に聞くことができる!で有名な聖徳太子ですが、

民衆に崇拝させるために作った架空の人物像だったのかも知れませんね。


出典:聖徳太子立像(二歳像)奈良・法隆寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 森村欣司)

長い参道を抜けると、東院伽藍です。

ここには聖徳太子を供養するために建てられた夢殿があります。

もともと聖徳太子の一族のお家があった場所で、

夢殿創建の2年前(737年)、天然痘という感染症が大流行し、

当時政治の中心にいた藤原四兄弟(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)が

次々に亡くなるという大事件があり、これを聖徳太子の怨霊によるたたりだと考えた人々が、

霊をしずめるために夢殿を建てさせたとされています。

どこへ行ってもこの話「たたりを恐れて寺院などを建てた」・・・

出来るだけ恨みを買わないように生きていく事が賢明なようですね(´・ω・`)

夢殿の「観音菩薩立像(救世観音)」は、聖徳太子の等身大の像だと言われていますが、大きさ約180cmwwwww( ゚Д゚)

やはり古代の権力者は宇宙人だったのかも!?

この隣に中宮寺があり このまま行けますが、拝観料が別に必要です。

法隆寺はとても広く、あちらこちらから五重塔が見えます。

比較的空いているのでのんびり散歩がてらにゆっくり過ごすのがいい楽しみ方かな?と思います。

絵の好きな人なんかにもいいですね。

スポンサーリンク

法隆寺アクセス

法隆寺に一番近い宿に泊まってみた

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1番1号
0745-75-2555
JR 法隆寺駅 法隆寺行バス「法隆寺門前」下車すぐ
近鉄 筒井駅  王寺行バス「法隆寺前」下車 徒歩5分

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 

 

投稿者:

mio333

奈良市在住ですが、奈良に住んでまだ数年です。いろいろ知りたい事、行きたい場所がいっぱいあります。実際に体験した事を中心にブログにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です